So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Super folk song [音楽付き近況と思ったこと]

1992年、矢野顕子の史上最高のピアノ弾き語りアルバム"Super Folk Song"が発売されました。
音楽の素晴らしさが、若かりし頃の僕を包んでくれました。自由奔放に踊るピアノの音色、今でも愛聴しているアルバムの一つです。
続いて数年後に、Super Folk Song2 と位置付けられた、ピアノ弾き語りアルバム"Piano Nightly"がリリースされ、さらに豊かなピアノソロサウンドを届けてくれたのが1995年。

あれから何年?
僕もおじさんになりました。
いろんな出来事への感性も変わってきました。
きっと矢野さんも変わってきたことでしょう。
その前提を置いて、去年リリースされたピアノソロ第3弾、"Soft Landing"。
いろんな意味でこなれて変化したピアノソロ。
その中の一曲、Super Folk Song Returned。25年以上もの時を飛び越えたreplyの曲。
曲も雰囲気も、矢野氏自身も変わった。僕も変わった。
変わったことを尺度にできる音楽がここにある。
今日は(も)真面目に好きな音楽を話させてもらいました。
25年、あっという間だけど、変わってしまうには充分な時間。
25年前を思い出せるかな?ちょっとドキドキ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。